ファクタリングは中小企業の救世主

中小企業が、銀行に融資を申し出ると連帯保証人や不動産担保が必要で大きなリスクが生じます。
また、ビジネスローンやノンバンクを断られるケースも少なくありません。
そんな状況に一役買ってくれるのが、ファクタリングです。
赤字決算、債務超過であったり、銀行返済を変更中の状況であっても利用可能であるため、国も課題の一つである資金調達を解決しようと、対策と念頭に置いています。
ファクタリングとは、売掛金を活用する資金調達方法を差します。
この方法を活用する上でのメリットは3つあります。
1つめは、保有する売掛債権をファクタリング会社が買い取ることで、最短で売掛金を資金化することができることです。
事前に請求金額を払う事で借金せずにお金を得ることが可能なため、売掛企業から支払いを待たされることはありません。
2つめは、売掛債権の譲渡であるため、担保を求められることもありません。
3つめは、売掛先の企業が集金前に倒産したとしても、売掛金の回収による負担が生じることもなく、債権管理においても時間や労力に縛られる必要がありません。
この資金調達方法はとても便利です。
しかし、手数料や顧客の承諾が必要となるため、事前に下調べをしてから活用しましょう。
日本ではまだ知られていませんが、欧米の中小企業では資金調達方法の一つとして注目されています。

詳しくはこちら