積極的にコミュニケーションを取ろう

インストラクターとは特定の競技やアトラクションなどの説明を行い、その技術を教える職業を指します。
現在の健康ブームの中でジムやボルタリング教室などで需要が高まっていると言われており、多くの人から関心を集めている傾向にあります。
では、このインストラクターに必要なものにはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、第一に考えなければいけないのが、インストラクターにとって技術は必要な第一条件ではないということです。
確かに、人に教えるための最低限の技量は必要になっていますのである程度の運動能力は求められます。
しかし、プロアスリートと違ってインストラクターはその競技でトップを目指す必要がありません。
むしろ、人と積極的にコミュニケーションを取ることが出来るという能力が求められるのです。

例えば、笹部祐佳里の場合は働いている傍ら趣味のドライブにも熱中しています。
プロアスリートの場合には、このような息抜きの時間を割くことは許されませんが、インストラクターにはこのような趣味はむしろ利用者とのコミュニケーションの架け橋になることもあります。
車の話題はもちろん、旅先での出来事などは多くの人たちの関心を集めるため、笹部祐佳里には人気が高まるのです。

https://relocation-personnel.com/?s=笹部祐佳里