他の性病と同じくHIV感染症も検査が重要になります

自分がHIV感染症かどうかは検査してみなければはっきりとしたことはわかりません。
HIV検査自体は、お近くの保健所などで無料で受ける事ができますし、匿名でも受けることができます。
実はHIV感染症に感染しているのかを調べる検査方法は一つではなく、複数の検査方法があるのですが、ここで重要になってくるのが検査方法ではなく、検査を受けるタイミングなのです。

もしかしたらHIV感染症の人とセックスをしてしまった。
風俗でゴム無しのオプションを楽しんでしまったなど思い当たる節があるような場合には、直ぐに保健所で検査を受けても意味がありません。

HIV感染症の検査をするためには、HIV感染症のウイルスがある程度成長してからでないと正常な検査をする事ができません。
よく言われているのが、怪しいと思う日から三ケ月ほど経過したタイミングです。
個人差もありますが、これより早いタイミングですとHIV感染症に感染していても検査で見つけるのは難しいのです。

HIV感染症以外にも注意しなければいけない性病は沢山あります。
まずは、性病がどういったものかもっと知識を深めたい方、HIV感染しているかもしれないと感じた方はホームページにて詳細を確認し、自宅で楽々検査が可能な性病検査キットを利用してみましょう。