営業代行会社のパフォーマンスとコストについて

一般的な営業代行会社は、月額の固定料金を設定しており、稼動人工に比例した価格設定をしている会社が大半です。営業代行会社は、顧客企業に変わって採用・雇用・教育・管理を行う必要があり、その結果顧客企業は様々なコストを削減できるわけです。しかし、近年、かなり割安な価格で請負う営業代行会社が出てきています。参考にしたい営業代行はこちらです。アサインされる営業員も新人や若手のメンバーです。割安で受託しているので、マネジメントにも大きく介入できません。このようなことが発生する原因は、営業代行会社の案件獲得に動く営業員とその顧客のキーパーソンにあります。何のための営業代行なのか、目的やゴールは何なのかが共有できていないケースが少なくありません。パフォーマンスを担保するためにはある程度のリスクと覚悟が必要だということを理解した上で、キーパーソンが意志決定すべきなのです。